最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

ありえへん∞世界。カメラマン「はいチーズ」は間違い!韓国では「キムチ~」というらしい。写真を撮るときの掛け声の謎!

   


写真を撮るときに誰でも口にする「はい チーズ」という掛け声。

Sponsored Links

カメラで写真を撮るときの掛け声といえば「はい チーズ」が一般的で日本人であれば
子供から大人までこの掛け声を多様する事は多々ある。
読者の皆様はこの掛け声がなぜ「はいチーズ」なのかお分かりだろうか?
それはピースをしたときに出来る形が三角形のプロセスチーズに似ているからではなく、ポーズをとるからといって”○○ズ”をもじりチーズといっているわけでもない。

カメラ

それは「はい チーズ」という言葉が一番人間の口角を美しく笑顔として形どってくれるという事から「チーズ」という言葉を使っているという。
しかし、日本では被写体よりもどちらかというとカメラマンが「はいチーズ」といっている事のほうが印象強いのではないだろうか?
被写体を笑顔にするために「チーズ」という言葉を言うにも関わらず、カメラマンが言っていたら意味が無い。

近年携帯電話の進化により、一眼レフカメラを持たずとも写真を撮る機会は若者からお年寄りまで非常に多い。
しかしどれをみても写真を取る側が「はいチーズ」といっているのだ。

Sponsored Links

この言葉(チーズという部分)は世界共通らしく、国によって掛け声は異なる事もあるらしいのだが、
グローバルでの共通語といっても過言では無いらしい。
では、世界では写真を撮るときの掛け声はなんと言っているのであろうか?
調べた結果、世界では「Say Cheese」といっている事が多く(他はその国特有の影声など)
意味としてはカメラマンが被写体に対して「Say Cheese」といっているので「チーズといってくれ」という事になる。
と、いう事は「チーズ」という言葉はやはり被写体自身が言うべき言葉であったという事がわかった。

日本で何故「はいチーズ」というのかというと、カメラが普及した時代に
「Say cheese」という言葉を聞き違えて「はいチーズ」という言葉になってしまったという。
よって、「はいチーズ」という言葉をカメラマンがいう事は間違いではないのだが、その内容が間違えているのだ。
いうのであれば「セイチーズ」となるのが本当なのだろう。

ちなみに、国ごとでの特有の掛け声では
メキシコでは「テキーラ」
ニュージーランド「キウイ」

そして読者が気になるお隣韓国は「キムチ~」であるという。
さすがキムチ大国韓国である。
たしかに口角が上がり、写真を撮るための笑顔を作らせるためには最適な言葉だと思うが・・。
よほどキムチがすきだというのであろう。
こういう所にまで、自国の愛食を取り入れるとは御見それいたした。

日本でも「納豆」とか「たくあん」とか取り入れてみれば韓国にも負けない愛国心が育まれるのではなかろうか?(嘘)

Sponsored Links

関連記事はこちら

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です