最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

短歌界の鬼才をNHK短歌で発見!斉藤 斎藤の新感覚写生短歌が現代日本人の心に染みる!マツコ・有吉も怒り新党でど肝をぬかれる(斉藤 斉藤)のり弁ワロタ

   


古くから伝わる日本独自の美しい感覚、日本のわびさびとでも言ったらいいのだろうか?
日本独特の感覚から生まれた文化は多種多様にあり、それらは誇るべき日本の文化として今尚日本に根付いている。

Sponsored Links

古くから日本人が嗜んできた遊びや文化が日本の現在の文化に強い影響を及ぼしている事というのは多く存在し、
それが日本独特の文化を作り上げているのだと思う。

古くの日本人が嗜んできた趣味の一つに”短歌”というものがあり、
現代にも短歌愛好者たちの間で愛され、俳句同様日本の独特の文化を築いている一つに挙げられるだろう。

短歌で有名な人物といえば、かの有名な
石川啄木や与謝野晶子であり、与謝野晶子に至っては5千円札の柄にもなっているほど有名で、現代日本に大きな影響を与えている事は間違えていないだろう。

そんな伝統ある短歌の歴史の中で、現代に鬼才と呼ばれるほどの新感覚短歌を世に排出する歌人が現れ、話題となっている。
その歌人の名は”斉藤 斎藤”と言い、今なお現代社会に新感覚短歌を排出しまくっている。斉藤 斎藤

斉藤 斎藤は早稲田大学を卒業後、フリーターを5年間続けるが、
ある図書館で短歌パラダイスなる本と出合い、我流で短歌を勉強。
その2年後には新人賞を取得すると、まさに天才、鬼才である事は間違いない。

Sponsored Links

斉藤 斎藤が有名になったきっかけとしてNHKの人気番組(?)”NHK短歌”に招かれ、レギュラーメンバーとして世の中に短歌を配信し始めたことにあるだろう。
司会者と斉藤 斎藤とのやり取りはシュールというしかなく、短歌のほかにそのやり取りを楽しむ事も番組の楽しみ方の一つだろう。

NHK短歌のホームページはこちら

斉藤 斎藤の詠む短歌は「短歌の可能性を広げようと常に狙っている」と豪語するだけあってかなり斬新で、昔からの短歌とは一線を画すようなそんな短歌である。

雨の県道あるいてゆけばなんでしょうぶちまけられてこれはのり弁(斉藤斎藤)

短歌の可能性を常に広げようとしているだけあって中々斬新な短歌で
これは「飴の道を歩いていたら何かが道路にぶちまけられており、確認してみたらのり弁だった」というそのとき起こったことをそのまま短歌として読みあげた。
そのときの情景をそのまま短歌にする事を写生短歌というらしく、斉藤 斉藤はこのような写生短歌を詠む事を得意としているらしい。

他にも斉藤 斉藤が世に排出している短歌は多くあり、斉藤 斉藤の第一歌集「渡辺のわたし」にも多くの短歌が紹介されているので、興味をもたれた方は購入するのもいいかもしれない。

現代の天才・鬼才歌人の斉藤 斉藤が後世にどのような短歌を残すのか?偉大な先代歌人達と肩を並べる日がきっとくるのだろう。
今後の歌にも注目していきたい。

Sponsored Links

関連記事はこちら

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です