最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

May J.(メイジェイ)の歌い方がエロ過ぎる!!特にアナ雪(アナと雪の女王)のLet it go~ありのままで~は顕著!!

      2015/07/01


May Jといえば日本でもトップクラスの歌唱力を誇る事で有名な歌手である。

Sponsored Links

その実力は、もう終わってしまったが関ジャニの仕分け∞における、カラオケで高得点を競うコーナーでも
26連勝する等その歌唱力の高さを十分にアピールした事だろう。

May J

May Jは東京生まれで神奈川県育ち。
父親が日本人で、母親がイラン人。
その恵まれた容姿はハーフである事も関係してそう。
本名は橋本 芽生(はしもと めい)といい、芸名であるMay Jは本名の芽生にペルシア語で”美しい、才能溢れる”という意味のジャミーレ(Jamileh)を加えたものだ。
その芸名に恥じず歌の才能と美しさに恵まれる事となった。

さて、気になるタイトル”歌い方がエロ過ぎる”だが、何がどうなってエロイのか?
まずはここからMay Jの歌う歌アナと雪の女王でも大人気の”Let it go~ありのままで~を聞いてもらいたい。

動画

アナと雪の女王のサウンドトラックでのLet it goが一番それが顕著に現れるのだが、
まあわからなくもないので、こちらの動画で簡便していただきたい。

Sponsored Links

May J

一見普通に歌っているようにしか聞こえないが、よ~く聞いていただきたい。
筆者がエロイと感じたのは息継ぎ部にある。
歌唱力の高い人の声は大きく良く響き通るというのが特徴だが、
May Jももれずそれを実践している。
その結果息継ぎ部での「息継ぎ音」がさびに近づくにつれて激しく、大きくなる。
最終的にはあえぎ声ではないかと疑ってしまう位にその息継ぎ音は大きくなる。
「にぃどぉとぉ~(スハァ!)」等そんなに気を張らなくても普通にわかるくらいの音量だ。
これは何もLet it goだけにいえる事ではなく、May Jが歌う歌全てに当てはまる。
より華麗に、より大きく、よりセクシーに!が彼女のモットーなのかどうかは知らないが、ともかく息継ぎに注目していただきたい。

これでも納得がいかない!!というファンの方にはアナと雪の女王のサウンドトラックを購入、もしくはレンタルしていただき
May Jの歌う日本語VerのLet it goを是非聞いて欲しい!
きっと納得するはず!!

Sponsored Links

関連記事はこちら

 - May J, その他, 芸能

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です