最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

卒業式での髪型の定番をぶっとばせ!卒業式に相応しくも場を壊さないファッションとは?

      2015/04/19


誰にでも訪れる別れの季節がこの時期には訪れる
今年で保育園、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学を卒業しようとしている人に送る
一生に一度の○○卒業式を一生の思い出になるような、ファッション、髪型について記事にしたいと思う。

Sponsored Links

卒業式といえば誰もが1回は経験していると思う。
そこで多くの人は人生最初の知人、友人との別れを経験し、大人への階段を一歩昇る事が出来る。

そんな卒業式を自分の、または知人、友人の良い思い出に残したいという人が多くいる中
場の雰囲気を壊さずに、どのような事をすると思い出に残るのか?調べてみた。

1.ファッションを変更してみる

幼稚園~高校では制服というものが存在する為(小学校は例外)、
大胆に着ているものを変えてみるという事は困難と思われる。

そこで、普段とは違う自分を見せるために、化粧をしてみる事をお勧めする。
あまり濃すぎるメイクは周りの空気を察しろよ!という声が出そうではあるが、
幼稚園~小学生には効果的だと思われるメイクをしてみると良いだろう。

例えば保育園~小学校であれば、
男性であれば、ビジュアル系やジャニーズを模して目をくっきりとさせてみたり、
眉毛を書いてみると良いかもしれない。

中学生以上がやっても痛いやつとしか見られないこのメイクも
小学生位までの男の子がやる事で、かわいさがUP
また、友達のお母さん方にもジャニーズ系の薄メイクは受けるだろう。

女の子の化粧は定番と言えるかもしれないが、
何かのキャラクターを軽くイメージしたようなメイクがより一層かわいらしさを引き出す。
さすがに、アニメや動物をまんま似せていくとなると不自然になるが、
一部分、例えば口元や目元のみを何かに似せることでイメージアップの戦略になりそう。

※ここまで記載した事はあくまでも小学生までを対象としています。
それ以上高学年の子供たちが行うと、ひんしゅく、批判を買う恐れがあります。

一番難しいのが中学生で、大人にまだ守られている感が強いこの時期には
制服の襟袖内側にワンポイントを入れるなど、保守的なファッションに走ったほうが無難と思われる。

高校生~大学生となると後は自由で、服装、メイクなんでもありだろう。
ここでこそ真価を発揮する場の雰囲気を壊さない程度の定番ぶちやぶりファッション。

まず、服装は高校生であれば、制服。
大学生であればスーツやはかま等が一般的だろう。

高校生も行き過ぎるとただのヤンキーにしか見えないが、
ある程度目立つメイク(男性、女性共に)やファッションをする事もありだと思われる。卒業式

例えば、女子生徒であれば、普段は思いっきり短いスカートをはいているとしても卒業式の日には逆に長めのスカートをはくことや
普段靴にワンポイント(桜や花柄)などを刺繍したものをはいていっても非常にオシャンティ(笑)である
ただし、度が過ぎるとヤンキーと間違われるので注意

Sponsored Links

男子生徒であれば、普段がローファーであれば、いつもと違う色(茶色やグレー)で大人っぽさを演出したり、
制服の着こなしにしても、卒業式くらいは普通にズボンをはく(普段腰パンのやつ限定で効果あり)や
黒の制服であれば、少し青みがかった色の制服を購入しておく事も有りだと思う。

男子、女子共に化粧はありだと思うが、ワンポイントのみの薄めの化粧が喜ばしい。

大学生でいえば、男子はスーツ、女子は振袖が定番だが、
この定番を覆す案は様々あると思う。

女子で言えば振袖ではなく、少し明るめの完璧なる和装をしてみたり男子でいえば袴はなんだかヤンキー臭さが残るというのであれば
逆にジンベエを少し崩した形で着こなす。扇子とだてめがねを忘れずにいるとなお良い。

2.髪型について

卒業式の髪型といえば

卒業式

卒業式

等、女子でいえば巻髪形のゆるふわヘアーが人気だ。

また、男子といえば、ショート、ミディアム、ロングとあるが、

卒業式

卒業式

が定番と言える。

これを女子で、昔の日本ならではの髪型を、

卒業式

 

この髪型でメイクしたら舞妓さんになってしまうじゃないか!
という声も聞こえるが、髪型はこのままで、メイクのみを準和風にしてみるのだ。
例えばメイクにも和を出すために、目じりに赤のシャドー、顔全体の色は白めだが、
なんとか白っぽいとわかる程度で、キャリーぱみゅぱみゅ風のメイクにしてみたらどうだろうか?

男子なら

卒業式

 

このヘアースタイルに黒縁めがね。
スーツでは完全に昭和初期時代の人間に見られてしまうため、
現代っぽさを出すために細くした眉毛と目元をくっきりとさせたメイクをしてみたらいかがだろうか?

これにジンベエや袴姿なども面白いかもしれない。

いずれにせよ、私が今回お勧めしたかったのは、
定番という卒業式の枠にとらわれず、日本らしさを大切にしながら近代ファッションを取り入れ、
やりすぎないことで場の空気を壊さないファッションの開拓だ。

学年に1人はいるであろう、目立つ事が大好きな友人と企画し、実行してみるのも面白いと思う。

 

 

Sponsored Links

 - 時事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です