最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

コブダイの親分!クマムシあったかいんだから~♪誕生秘話と結成前の秘話

      2015/03/22


あったかいんだから~のフレーズで今年最初のブレイクの予感を匂わすお笑い芸人クマムシ

Sponsored Links

1.プロフィール

佐藤 大樹(さとう ひろき、1988年3月30日 – )
ツッコミ担当。(左側)
富山県出身。
特技はギター

長谷川 俊輔(はせがわ しゅんすけ、1985年12月18日 – )
ボケ、歌担当。(コブダイに似てるほう)
埼玉県出身。
好きなアーティスト 山下達郎
クマムシ結成前は、クラブDJをやっていた

いまやCDやDVDの発売し、
音楽自体は”あったかいんだから~”の別バージョン(バラード、ポップ等)の歌も織り込まれたアルバムまで発売されてしまう始末。
CDショップにいけば必ず耳にする程のブレイクとなった。

2.クマムシブレイクの裏話

あったかいんだから~のフレーズで人気急上昇している注目の若手芸人コンビである。
早くも今年の流行語大賞にノミネート候補だろうと思う。

ブレイクするきっかけとなった、このあったかいんだから~はどういった経緯で生まれたのか?

元々クマムシはコント職人を目指しており、歌うことが好きだった長谷川は歌をコントに織り込みたかった。
コントに織り込むための歌”could you tell me the way”という曲を完成させるが、
曲名の通り、ビジュアル系を意識した歌だったため、衣装をそろえたり、メイクをいちいちしなければならないなどの壁にぶつかりコント形式は断念したそうだ。

そこで、コント形式にするのではなく、漫才スタイルの芸風に取り込む事で煩わしいメイクや衣装の問題を解決。
新曲として皆さんご存知の”あったかいんだから~”をリリース。

歌好きな長谷川がいたからこそあのクオリティとこのネタが誕生したわけだ。

長谷川はクマムシ結成前にはクラブDJをやっていたらしいが、当時の情報については現在調査中だ。

クマムシ

筆者も人のことは言えないのだが、愛くるしいこの顔がDJをするところは是非みてみたい。

Sponsored Links

3.コブダイにそっくりな長谷川はコブダイ界の中では親分扱い

上記画像の通り、とてもあの綺麗な歌声を出している本人とは思えないようなビジュアル。
芸人としてはおいしいビジュアルだが、シンガーとしては・・・・とお思いの方も多いのではないだろうか?
プロ並みの歌唱力を持っていたとしても、その才能が日の目を見なかったのは、ビジュアルからオーディションに受からなかったのか
それとも特にシンガーにはなろうと思っていなかったのか。
真相は定かではないが、そんな長谷川は鯛の王様コブダイ達から”親分”扱いされているという。

コブダイ

コブダイはハーレムを作る魚として有名であり、
雄は自分の周りに雌を集めてハーレムを作る。
他所から入ってきた雄に対して非常に厳しく、自分のハーレムに他の雄が入ってくると攻撃をするなど、魚類の中では非常に女好きな種族だ。
ただし、雄でも幼魚には攻撃はせずに、ハーレムの群れの中で成長をさせる。
幼魚は”大人の男”の姿を見て、学習、成長するといわれている。
獰猛なビジュアルをしている理由は巻貝等の貝類を噛み砕くための強靭な顎を必要としたため、発達したとされている。

このようなコブダイであるが、人間界の”コブダイ”のクマムシ長谷川はどうだろうか?
絶対強者である人間の中にも”コブダイ”がいるという事はコブダイ界では有名で、海の中から注目されているのかもしれない。
本物のコブダイの雄はハーレムを作り、好きなように生きているように見えるが、コブダイではなく、クマムシの長谷川はどうだろうか?
現在歌が売れて、のりにのっている芸人コンビではあるが、いかつすぎる見た目は人間のメスからは中々認められないのではなかろうか?
しかし、CDも発売、バカ売れするし斉藤工の出演する甘いCMソングとしても起用されている。
タレントの世界で現在成功しまくっている彼ら(特に長谷川)が人間界の雄としても成功する日は近いのではないだろうか?

今年は陸のコブダイこと、クマムシ長谷川の女性遊びが活発する年である事は間違いないだろう。
もし、コブダイではなくクマムシの長谷川に合いたいのであれば、都内の女性と遊べるスポットに顔を出してみるといいかもしれない。

Sponsored Links

 - クマムシ, 芸能

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です