最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

CMで話題沸騰 Nestle ネスカフェバリスタの実力とは?というかネスカフェアンバサダーって何だ?

   


最近CMで良く目にするコーヒーのCM。
CMの中に出てくるキーワード”ネスカフェアンバサダー”とは何か気になったことはないだろうか?

Sponsored Links

1.最近良く目にする、謎のコーヒーのCM?

職場で本格コーヒーをボタン一つでコップに注ぎ、コーヒーを楽しむCMを目にした事がある人は大勢いるかと思う。
CMの最後にはアンバサダー募集中のテロップ。
だからなんだ?と思われている人は多いだろう。

そもそもネスカフェアンバサダーとは、
Nestleが定価1万円~2万円前後で販売する”バリスタ””ドルチェグストと呼ばれる家庭用コーヒードリップマシンを
職場で使うことを前提にNestle日本から無料で借りる顧客の事を指す。

動画はこちら

要は、Nestleからコーヒーマシンを無料で提供するので、職場でおいしいNestleのおいしい挽きたてコーヒーを楽しんでください
という事だ。

nescafe

 

2.コーヒーマシンを無料で貸し出ししてNestleにメリットはあるの?

1台1万円~2万ほどもする決して高くないコーヒーマシンを
無料で提供してNestleは赤字ではないのか?と心配される方もいるかと思う。

しかし、”儲かる算段”あってこそのこの企画だろうし、
自ら進んで赤字に転落しそうな商品の取り扱い等しないだろう。

Sponsored Links

ではどのようにして赤字を回避しているのか?
それはこれらNestleから貸し出される無料コーヒーマシンには
Nestleから発売されている専用コーヒーパックしか使用できないのだ。

そのコーヒーパックを販売する事で収益を得るという仕組みである。

大まかな流れを記すと
アンバサダー契約⇒コーヒーマシンの貸し出し(同時にコーヒーパックを販売)⇒アンバサダーがパックが切れたら再びパックを購入⇒職場で低価格(もしくは無料)でコーヒーを飲める⇒コーヒーを飲むほど売り上げにつながる。

という流れだ。
コーヒーを主戦商品としているNestleならでは戦略である。
最終的にはコーヒーの売れ行きという事では他コーヒー商品の戦略と変わらないが、切り口の違いだという事だろう。

また、コーヒーマシンは無料で、コーヒー自体の価格も一杯20円程という事で社員のサイフにも会社のサイフにも優しい商品といえる。

一般家庭用ではこの機械は購入できないのか?
そもそも、このコーヒーマシンは一般家庭用に販売されているコーヒーマシンなので、当然家電量販店に行けば手に入れることが出来る。
発売から200万台以上の売り上げを記録しており、”日本で一番売れているコーヒーマシン”だ。

飲めるコーヒーの種類だが、コーヒーマシンのグレードによって決まっているとの事。
デザイン性にも優れており、ボタン一つでコーヒーを飲める事から一人暮らしの女性や一般家庭でのオブジェとしても人気である。

Sponsored Links

関連記事はこちら

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です