最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

何故AKB48出身の大島優子や篠田麻里子、板野友美の事務所が違うのか?不思議じゃない?

   


今や国民的アイドルグループに成長したAKB48
AKBを卒業した後はタレントや女優、ソロ活動等明るい未来が約束されている。

Sponsored Links

AKB48に所属していても、ファンや仲間に惜しまれつつも卒業したりするメンバーは皆華やかな芸能界にソロとして飛び込んでいく事になる。
AKB48で培った人気や有名度を生かして、タレントやソロ活動、女優にまで幅を広げる事は珍しくもない。

しかし不思議なことがある。
AKB48の人気メンバー板野や、既に卒業してしまったが、今尚絶賛任期中の大島や篠田の所属事務所がそれぞれ異なっているという事だ。

1.何故同じAKB48に関係する人物の所属事務所が違うのか?

例えば大島の所属している事務所は大田プロ、篠田麻里子はサムデイ、板野友美はホリプロというように同じAKB所属、もしくは出身であっても
所属事務所が異なっている事がわかる。

では何故所属事務所が異なるのか?

基本的理念の根本は「経費削減」にあるという。
具体的にどういう事かというと、AKB48や姉妹グループであるSKE48、NMB48などは全て
「AKS」という運営管理会社を通じて束ねられている。

AKSとはそれぞれのアイドルユニットのプロデューサーである秋元氏の「A」
資本家で資本メインである窪田氏の「K」、Office48(当初メンバー全員が所属)の社長芝氏の「S」
という3人が設立した頭文字をとって創設された管理会社である。

このAKSという会社の立ち位置が実に絶妙で、AKSに所属するメンバーのほとんどは研究生となっているが
大島優子含め有名所のメンバーの所属事務所はAKSの所属ではないという。

前途したように、大島の所属している事務所は大田プロ、篠田麻里子はサムデイ、板野友美はホリプロに所属している。

最初に目的を「経費削減」と記述したが、
大きく分けると経費は2つに分けられ、人件費という本人達にかかる経費と
AKB48を維持したり、劇場の運営、維持にかかる固定費という2つの経費必要となる。

社会における人件費は4割前後が普通と考えられているが、サービス業に対する人件費は7割に達するといわれており、
AKB48やSKE48のように大所帯で構成されるグループは人件費だけで相当な金額を必要とされる事となる。

ooshimashinodaitano2ともちんの愛称で呼ばれる板野にかかる人件費はどれだけかかっているのだろうか・・・。

Sponsored Links

芸能界は非常に浮き沈みの激しいビジネス舞台で、グループユニットの人気があるうちは
相当潤沢な資金を抱える事が出来るが、一旦落ち目になってしまえば、人件費だけでも相当な経費額となる。

そこで、AKB48メンバーを放出(事務所へ所属)する事で、「経費分散」と「リスク分散」をする事が出来たのである。

ooshimashinodaitano3

篠田麻里子もAKB所属時代から他人気メンバーとは違う事務所として活動していたわけである。

人件費は外、固定費は内といった具合にリスクと経費をうまく分散させ、人気ユニットグループをいくつも育てる事が出来、
現在の人気を維持しているというわけだ。

2.AKB48と対比されることが多いモーニング娘。の場合はどうか?

AKBとよく対比されるグループのモーニング娘。の場合、AKSとは反対に、
アップフロントグループという一社独占体制での運営をしている。

「分散」と「一極化」どちらが正しいのかとは一概に言えないが、経営方針の違いも現在の両グループの立位置に影響しているといえるだろう。

ooshimashinodaitano1

 

今や超絶人気を誇る大島の人件費など考えただけで恐ろしい。

最後に簡単にまとめると、
AKSは「人件費」、「固定費」を分散化させるのに、コスト(収益)も分散させ、
アップフロントグループは「人件費」、「固定費」を一極化(自社でまかなう)代わりにコスト(収益)も自社で全て回収という選択をとったという事だ。

元AKB48で女優として活躍する大島優子の過去についての記事はこちら

 

おまけ

ooshimashinodaitano4

ちなみにいうと、皆大好き前田敦子事、あっちゃんは大島と同じ大田プロに所属している。

Sponsored Links

 - AKB48, 前田敦子, 大島優子, 板野友美, 篠田麻里子, 芸能

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です