最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

新時代アイテムウェアラブル端末(デバイス)の発達による近未来はアニメやゲームの世界になる!!

      2015/03/11


”ウェアラブル端末”という言葉を聞いた事があるだろうか?
腕や体に装着して使用する事を目的とした端末の総称だ。

Sponsored Links

SF映画やアニメで主人公が、腕時計型の機械に向かってしゃべって通信したり、
ゴーグルやメガネ型の機械を頭につけて、相手の戦闘力を測ったり、弱点、持ち物や血液型まで調べられるあれのことである。

一昔前までは身体に装着して使用する機械の事をウェアラブルコンピューターと呼んでいたが、
昨今ではウェアラブルデバイスと呼ぶ方が主流である。

人々が夢に見た近未来のアイテムのと想像してもらえば容易いだろう。

1.現在身近に存在するウェアラブル端末(デバイス)とは?

近未来のアイテムといっても既に世の中に出回っている製品もある。

そのいくつかを紹介したい。

ウェアラブル

近未来アイテムその1:Razer Nabu
他にRazor Nabuをつけた所持者と無線で相互通信出来る仕組みを持っており、
腕を振る、指を鳴らすなどの自分の行動で電源を落としたり、受信した通知を既読にしたり、等の機能を付加できる。
当然、スマホと連携することは可能で、スマホアプリとの連動も可能になると思われる。

ウェアラブル

近未来アイテムその2:ReconJET
サングラス型の端末で右側についている小窓で液晶を表示させることが出来る。

マイクやスピーカー、GPS等の機能を搭載し、Wi-fiやBluetoothにも対応している。
また、タッチパッドもこめかみ部に搭載されているという。

これがあれば、移動しながらのメール受信やネットでの情報、GPS機能を使用してのナビゲーションを手ぶら状態で受けられる事になる。

Sponsored Links

これらアイテムは既に来る予想される近未来に向けて発売された、未来先取りアイテムでもある。

また、Apple社が発表したAppleWatchにも大きな期待が寄せられる

2.ウェアラブル端末(デバイス)を活用してのゲームの世界に今後は注目されそう

前途したような機能を兼ね備えたウェアラブル端末であるが、
まだまだ実用には程遠く、一部の新しい物好きが購入しているだけの状態にすぎない。

では一般的に普及してくるのはどのようなタイミングか?
まず一つ考えられるのは今現在普及が進んでいるスマホのように汎用性が高まることだろう。
既に実装されているウェアラブル端末も存在するが、電話やメールはもちろんのこと、ウェアラブル端末独自のアプリが重要になってくる。
例えば、ゴーグル型の端末を身につけて街中を歩くと、何らかの形でターゲットした建物を認識し、その建物に対する情報や関連する情報が一目で出てくる等そのコンテンツ独自のアプリが必要となる。

腕時計型の端末で万歩計機能を兼ね備えていたとしても、そんなものは誰も欲しがらない。
行き過ぎかもしれないが、腕時計からホログラムで映像が見られるなどの飛躍した技術が必要となってくる事だろう。

飛躍しすぎず、かといって、今現在ある製品、端末で補うことの出来ない機能を持たせる事が重要で
さらに、一般的にウェアラブル端末というデバイスを認知させることが必要になる。

ではそれはどのような機能を言うのか?
答えは簡単、”ゲーム”である。

ゲームであれば、最初は初歩的なたいしたことのない機能でしかないものが各ゲームメーカーが開発、研究を進めることで、
飛躍的にその技術は進歩し、近未来に近い形のゲームがどんどん輩出されていくだろう。

脳波を感知することで簡単ゲーム画面上に表示されたキャラクターを思っただけで進めることの出来るデバイスと関係性を持たせれば
自分がその場所にいるにも関わらず、目に見えている空想の世界でゲームを楽しむことが出来る。

今現在の技術ではまだ後一歩進むことの出来ない世界だったとしても、ハードとそれを彩るソフトの技術者が一身になって技術開発を進めることが出来れば認知度も上がり、一般的な普及も加速度的に情報するだろう。

筆者も楽しみにしているが、今後発売されていくであろうウェアラブル端末(デバイス)に大きな期待をしない事など出来ない。

Sponsored Links

 - ニュース, 時事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です