最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

優しすぎる・・スザンヌが電撃離婚も元旦那である斉藤和己を庇うのは何故や!離婚の理由は不倫や浮気とも。原因にせまる

      2015/04/23


2011年プロ野球選手コーチである斉藤和巳と結婚し、2014年には待望の第1子が誕生するなど、順風満帆に見えた。
しかし、2015年3月17日子供が誕生してから約1年という間もない時間で離婚を発表した。

Sponsored Links

斉藤和巳が現役引退を発表したてすぐにスザンヌが子供を授かるなど、天運的なタイミングからおしどり夫婦として幸せに生活を送ると思われていたが実際にはそうはならなかった。

1.斉藤和巳の浮気癖?冷め切った夫婦仲とは

いつの頃からかわからないが、旦那の斉藤和巳は結婚指輪をしなくなったという。
それは過去のスザンヌのブログからも明確にわかるし、一体夫婦間に何があったのか?
冷め切った夫婦であるがゆえに子供が二人の間を取り持つ天使的役割を担うかと思われたがそうでもなかった。

さらにその後、子供の誕生日等の家族のイベントに姿を現さなくなったといわれており、
今年の初めには相当夫婦関係が冷めていたのではないかと想像できる。

さらに、プロゴルファーである上田桃子と斉藤和己の浮気疑惑が昨年夏に浮上。
夫婦仲はさらに最悪なものとなっていたと思われる。

斉藤和己

恐らくこれまでの夫婦仲が悪くなるような出来事は多々あったが、
直接的な原因は斉藤和己の浮気疑惑浮上が関係してくると思われる。
その時期を境に家族イベント等に全く姿を見せなくなったのではなかろうか?

2.離婚に対してのスザンヌのコメント

スザンヌは「この度、私、スザンヌは夫・斉藤和巳さんと離婚したことをご報告させていただきます。関係者の方々、応援してくださっている方々には私的なことでご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。」
こうコメントし、離婚の原因については以下のように述べた。

Sponsored Links

お互いの仕事の中心が旦那は福岡中心、スザンヌは東京中心と離れていたことにより、すれ違いが多くなった。
夫婦としての時間が十分に持てなくなり、さらに出産、育児で手一杯になり、斉藤和己に対する思いやりを持つことが出来なくなってしまった。

仕事の関係とは言え、生活の中心が福岡と東京では生活がすれ違い、心のすれ違いを生むのは当然で、お互いの配慮が足りなかったと思う。
スザンヌは子供が生まれるまでの間でも福岡に移住し、旦那との結婚生活を充実させるべきではなかったのだろうか?

いまさらいってもどうしようも無いことであるが、斉藤和己の浮気疑惑も生活のすれ違いが生んでしまった産物といえよう。

さらにスザンヌは「それぞれが別の道を歩むことになっても、子供に対して、父親、母親として協力して責任を果たしたい」と述べた。

離婚に子供は無関係である。まだ幼く1歳という年齢でもある為、事態の把握は出来ていないと思われるが、
かわいい盛りの時期なのだから、「お父ちゃん、お母ちゃん」と呼んだときにはいの一番に合えるような距離に二人がいてあげてほしいと強く願う。
子供の親権については現在調査中である。

3.スザンヌは元旦那である斉藤和己を庇っているという

これまでの話をまとめてみても、各種メディアの報道を見ていても、
元旦那である斉藤和己の女癖の悪さが破局の原因という事は明確で、
世のメディアが”9:1で斉藤和己が悪い!”と斉藤和己の悪さを指摘しても
スザンヌは「そんな事ないですよ」と斉藤和己をフォローしているという。

「お互いの悪さを話し合いで少しずつでもつぶしていけなかったことがいけなかった。」となんともいじらしい・・・

相手を一方的に攻めるという行為は確かに気分のいいものではないし、広い視野でお互いの周りを見通した結果のコメントだろう。
こういう女性は仕事をやらすと、広い視野で全体を見渡せる能力が強いと思われるため、一般的な会社員であれば成功するような人だろうと筆者は感じる。

離婚の大きな理由の一つ?上田桃子に関しての記事はこちら

Sponsored Links

関連記事はこちら

 - スザンヌ, 未分類, 芸能

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です