最新情報知得!?

筆者が個人的に気になる情報の紹介と感想

恐怖!内定者に就活終了を求めてくるおわハラの例を紹介!「就活終われハラスメント」とは?

   


日本の株価が回復、アベノミクス効果で日本全体の景気が上向き傾向にある昨今、就職活動市場でとある問題が起こっているという。

Sponsored Links

”おわハラ”とは就活真っ只中の学生諸君はご存知かもしれないが、
売り手市場となった2015年の就職活動で、内定者に対して企業側からの嫌がらせに当たる行為の事をいう。

極端にいうと「うちの会社で内定を出すから”この場”で他企業の内定を事態しろ」というような行為の事をいう。
上記はちょっと極端すぎる例かもしれないが、売り手市場である事と、少子化の影響で日本全体としての新社会人の需要に対しての供給が少ないこともあり、
企業の採用ノルマを抱えた人事部はノルマ達成の為の手段としてこのような行為をしてくることが現実にあるという事だ。

おわハラ

フレッシュな学生を”嫌がらせ”に近い行為を行う事で、自社以外の企業への就職活動を邪魔することは
就職しようとしている学生をトラウマに陥れる可能性もあり、逆にニートとなってしまう事例が出てくるのではないか?と心配である。

企業による、おわハラを受けたらどうしたら良いのか?
このような事例に見舞われ、「あれ?これっておわハラ?」と感じられたらすぐに大学のキャリアセンター職員の窓口に相談しにいってもらいたい。

1.他社の内定辞退の強要
面接の場で、他社の内定を辞退させるパターン。携帯、インターネットが発達している昨今では、「電話番号がわからない」は通じない事が多い。
上記で記載したように、実例としては少ないかもしれないが、やられたら一番困るおわハラではないだろうか?
威圧面接+このおわハラを食らったら気の弱い学生は他社辞退を遂行してしまうかもしれない。

2.他社選考の妨害
他社の選考面接などにいかせないように、毎日のように面接やインターンを入れるなどして、他者の面接、選考自体に生かせないおわハラ
これも相当な悪質なおわハラに当たるが、直接的ではない分遭遇する確率はそこそこ高いのではないだろうか?
「これも選考の一端だから」と一言会社側から言われてしまえば、学生も参加せざるを得ないだろう。
「ここまでの努力が水の泡になる・・・」と学生の真理を逆手にとった悪質な手段ともいえる。

Sponsored Links

3.内定辞退者を脅す。
他に良い企業の内定を得たからとある企業の内定を辞退しようと連絡を入れた際
自社への入社をしつこく促したり、学生が内定を受けようとしている企業の悪口を言ったりする事がある。
これは非常に悪質な行為で実行する企業側にもリスクがあるため、遭遇する場面は少ないと思われるが、学生の諸君には注意していてもらいたい。

バブル期には合宿という名目で、旅行に行き学生を拘束したり、何度も呼び出されて映画や食事に連れて行かれる、意味もなく新幹線で博多まで行くなどの往復旅行を決行されるなどと
中々えぐいおわハラをした企業があるとも聞いている。

客観的にみたら単純に”ただでおいしい思いができる”と思われがちだが、
この時期の学生は理想の企業に内定を貰うために必至に自分を磨く時期であるし、選考面接などにも向かわなければいけない。
限られた時間の中で就職した後のために役立つ知識を吸収したり、勉強をしたりするこの貴重な時期に企業は自社の都合だけで学生を拘束しては絶対にいけない。

おわハラ

このような行為の数々は学生にとっても、自社にとっても日本の将来にとっても一つもメリットがない。
このような行為が横行されれば日本の明るい未来は閉ざされてしまう。
これからの日本を担う若者の貴重な時間を奪い去り、学生の働く気さえそぎとってしまう可能性のある”おわハラ”

日本の将来を思う経営者、人事担当者は是非ともこのような行為をしないよう、徹底をしていただきたい。

”就活終われハラスメント(別称おわハラ)”は日本の将来の明暗に直結するという事を認識してもらいたい。

そうでなくとも、魅力的な企業であればおわハラなどしなくても学生は集まるし、
魅力的な企業作りは自社のためにも学生のためにもなり、それが将来的な自社、日本の為になるのだ。
おわハラなどくだらない行為に勤しむ暇があれば是非とも魅力的な企業作りに励んでいただきたい。

Sponsored Links

 - ニュース

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です